• ホーム
  • カンジダになってしまっても原因がセックスにあるとは限らない?

カンジダになってしまっても原因がセックスにあるとは限らない?

心配している女性

女性に多い膣カンジダは性行為によって起こるイメージがあります。確かに膣カンジダは性感染症でも起こりうる病気です。しかし、性感染症だけが原因で感染するわけではありません。
真菌という菌により起こる膣炎で、健康な人でも皮膚や粘膜に常在しています。しかし、何等かも原因胃よってこの真菌は異常に増殖してしまい、性病を発生してしまいます。治療しても風邪などの体調不良やストレス、ホルモンバランスの変化によって、ふたたび真菌が異常増殖してしまい、再発をしてしまいます。
この性病の主な原因は体調の崩れです。通常は他の常在菌とバランスよく膣内に存在しているので、特定の菌が増殖することはありません。しかし、ストレスや糖尿病にステロイドの使用によって起こる免疫低下、妊娠によるホルモンバランスの変化によって膣内のphは変化してしまい、カンジダは膣内で大量発生してしまうのです。
生理前後や妊娠のホルモンバランスの変化や寝不足や疲労に風邪などの免疫力の低下、抗生剤の使用による常在菌のバランスの低下に夏場の蒸れや運動などの発汗によって、環境が変わると菌は増殖しやすくなります。他にもガードルなどの矯正下着による下着の締め付けや陰部を刺激の強い石鹸で洗いすぎてしまった場合の膣内のバランスの崩れ、性的接触によるものなど理由は様々です。
典型的な症状として、外陰部のかゆみやおりものの増加がみられます。かゆみは強いので我慢が出来ないことが多く、感染して炎症が出ると痛みを感じます。また健康的なおりものは透明か半透明な色のおりものが出てきますが感染している場合はヨーグルトやカッテージチーズのような白っぽいおりものが下着に付着済ますので、この時点で感染していると気づくことが多いです。
1年以内の再発回数は1年間に1回のペースで再発している人が多いのですが、体調の変化によって頻繁に再発してしまう人も居ます。膣カンジダ専用のものを使用する事で真菌を減らし症状を改善することが出来ます。薬を使って治療する以外にも気を付けるのは体調を整えることです。特に今はストレス社会ともいわれており、このストレスが原因で膣内のphが乱れることが多いです。規則正しい生活を心がけたり、締め付ける下着を避ける事、夏は汗で蒸れやすくなるのでおりものシートをこまめに変える、性交渉をする際はコンドームなどの避妊具を着用する事で膣カンジダを予防する事が可能です。