• ホーム
  • カンジダは再発しやすいものと考えて、さまざまな予防法を試してみよう

カンジダは再発しやすいものと考えて、さまざまな予防法を試してみよう

元々カンジダは膣内に常在している常在菌の1種であり、他の菌とバランスを保ちながら生存しているので、菌がいるからと言って必ずカンジダウイルスが優位に立つことはありません。しかし、何らかの原因によってその常在菌のバランスが乱れたとき、真菌が優位に立ってしまいかゆみや臭いの原因となってしまいます。
その原因というのは様々ですが、妊娠によって体内のホルモンバランスが乱れた時に真菌が増殖してしまう場合。汗や蒸れが原因で菌が増殖してしまう、ストレスや疲労など体調が悪いときに起こりやすくなったり、洗浄力が強い石鹸でゴシゴシ洗いすぎた場合など理由は様々です。感染する人は女性の5人に1人と以外にも多く、誰にでも起こりうる病気です。おりものの色は白く濁ったりヨーグルトや、カッテージチーズのようなおりものが付着しているので感染していることに気づきます。
おりものが白くなる以外には、量が増えたり強いかゆみや灼熱感、刺激感に性交疼痛です。おりものの変化だけで間違いやすいものは、トリコモナス膣炎や萎縮性膣炎に細菌性膣炎です。自己判断をせず必ず医療機関を受診して検査をする必要があります。
カンジダを治療する上で、専用の薬を使用して真菌の量を減らさなくてはいけません。エンペシドクリームなどカンジダ専用の薬を使用することで症状は劇的に改善し、かゆみや痛み、おりものの変化も落ち着いてくるでしょう。
しかし、この感染症は再発しやすい感染症です。実際感染した経験のある人で1年に1度再発をしたことがあると答える人も多いほど、身近な感染症になります。
では、どうすればいいのか。それは毎日のケアや日常生活を気を付けることで再発を防止します。洗浄力の強い石鹸でゴシゴシこすり過ぎないこと、おりものシートを使用している人はこまめに交換することで陰部を清潔に保つことができます。ウォッシュレットの使用し過ぎないこと事や疲れをためない様に、質のいい睡眠やバランスのいい食生活を心がけることが大切です。また妊娠中の女性は特にホルモンバランスの乱れて起こりやすくなるので、少しでもおかしいと思ったら医師に相談をしてみましょう。放置をすれば治るものではなく、将来不妊症の原因になる可能性もあるので、かゆみやおりものに変化があったら婦人科を受診しましょう。再発はだれでも起こります。女性の中でも比較的起こりやすい病気なので、恥ずかしがらず適切な治療を受けましょう。