• ホーム
  • 男性がSTDになってしまったときにどんな症状があらわれる?

男性がSTDになってしまったときにどんな症状があらわれる?

顔を抱えている男性

男性がSTDに感染してしまった場合、一体どんな症状が現れるのか。考えられる性感染症によっても症状の現れ方が異なってきます。淋病やクラミジアにトリコモナスといった性感染症は、排尿をした際に痛みがあったり尿道から膿が出ることがあります。最初は排尿痛だけなので、時間が経てば治るだろうと軽く考えてしまいがちですが、症状が進行すると尿道から膿が出てくるので、この時に初めて泌尿器科を受診することが多いです。
淋病やクラミジアに雑菌性尿道炎やトリコモナスに感染すると、尿道などにかゆみなどの深い症状が現れます。こちらも最初は時間が経てば治ると思って放置されやすいのですが、こちらも不快症状が消えないままです。淋病やクラミジアは感染すると睾丸が腫れて痛みが伴います。カンジダは亀頭が赤くなったり痒みや痛みのあるものは辛く直ぐに性病を疑う人も多いです。梅毒第1期や性器ヘルペスは太もも付け根のリンパ節が腫れます。最初は気づかれないことが多く放置されますが、徐々に張れていることに気づき病院へ受診します。その時の血液検査で病気が発覚する事が多いので、それまで梅毒に感染したという自覚は特に感じないままになります。尖圭コンジロームは性器や肛門の周辺に痛みを伴わないイボができます。痛みがなく更に普段見えにくい場所に出来るので感染していることの気づくことが遅くなってしまいます。
性器周辺や性器だけではなく、全身に症状が現れることがあります。梅毒の第1期や第2期は性器や肛門に唇に痛みを伴わないしこりが出来ます。進行すると全身に赤茶色の発疹ができ、皮膚科へ受診した際に気づくこともあります。性器ヘルペスは性器周辺に水泡ができ、かゆみや痛みが現れます。1度感染するとウイルスは体から消えることはなく、体力や免疫力が低下している際に再発してしまう可能性が高いです。男性がSTDなどの性感染症を発症してしまった場合、性器やその周辺に痛みやかゆみを感じることがあります。しかし、ただ痛いだけでは尿道炎だろうと勘違いしてしまうケースが多く、血液検査によってSTDを発見することがあります。自覚症状がなくそのまま放置されるものもあれば、感染しても3か月後に発症してしまうケースが多く、誰が原因で感染したのか分からないというケースも多いです。特にAIDSは発熱や下痢に咽頭炎といった風邪のような症状がでます。症状が気づかない事が多いため、定期的な検査を受ける必要があります。