• ホーム
  • 自分で治せるカンジダ治療薬「エンペシドクリーム」が通販で買えない理由

自分で治せるカンジダ治療薬「エンペシドクリーム」が通販で買えない理由

膣カンジダ治療薬としてお勧めなのがエンペシドクリームです。エンペシドクリームは、陰部に寄生してしまったカンジダの原因でもある真菌を殺菌する薬になります。抗真菌薬でもあるクロトリマゾール配合で、膣カンジダ再発による外陰部のかゆみに効果があるという事でOTC医薬品として初めて認可されたものです。
白色で柔らかく伸びが良く陰部にすっと塗りやすいのが特徴で、更にエンペシドLという膣剤と同じで膣カンジダ治療薬として使用されているクロマトリゾールを使用しているので、しっかり真菌は殺菌します。膣剤やクリーム併用による有効性が93%、副作用の心配はほとんどないので安心して使用する事ができます。臨床結果においても、このクリームを使用する事で膣カンジダのかゆみが解消されたという高い結果もでています。このエンペシドクリームですが、通販で購入しようと検索をしたところ、購入できず必ず店頭での購入となっています。店頭で購入するのは抵抗がある、できれば通販で購入したいと希望している人もたくさんいます。ではなぜ通販でこの薬は購入できないのでしょうか。
それには理由があります。医師の処方せんがなくても購入できる薬には要指導医薬品と一般用医薬品に分類されます。この要指導医薬品とは、購入をする際に厚生労働省から薬剤師による対面販売が義務付けられています。この対面販売の際は薬剤師が書面で必ず薬の説明や副作用、使用方法など詳しく説明をしなければいけません。エンペシドクリームは、処方箋が必要な薬と同じ成分を使用されており、この処方箋が必要な成分が含まれているお薬はOTC医薬品であっても必ず薬剤師のいる薬局や薬店でしか扱うことが出来ません。なので、通販などで気軽に購入をしたくても購入する事はできないのです。どうしても通販などで購入したい場合、薬剤師のいる薬局のホームページで購入する事ができます。購入サイトで問診を受け、購入手続きを行います。その後薬剤師から確認のメールが来るので確認し、相違がなければそのまま購入が可能になります。ただし、通常は対面での販売になるので、通販での購入の場合、自己責任が発生します。また薬剤師が不在の場合は購入は出来ず、その場合は薬剤師がいるドラッグストアへ足を運び、店頭で購入する事になります。基本は対面式での購入が原則となるので、特に初めてこの商品を使用するという人は薬剤師の説明をきちんと受けてから購入しましょう。